Top Page › 結婚への道 › マイホーム-同居 › 太陽光発電の落とし穴・・・

2016 · 07 · 07 (Thu) 22:48

太陽光発電の落とし穴・・・


夏場だから日の出は早くて、日の入は遅いから
こりゃ太陽光発電も効率よくなるなぁwwヽ(´ー`)ノ

って思ってたら・・・

「あれ?春よりも少ない・・・orz」

メーカーサイトでも調べていたら夏場の方が高いやんか・・・
もぅパネルとパワコンが初期不良?・・・(´・ω・`)

色々調べてみたら・・・

▼太陽光発電の発電量と季節や気候の関係は?
https://enechange.jp/articles/solar-season#i-2


■ソーラーパネルは高温に弱い
******************************************************************************
 一般的に住宅用太陽光発電のソーラーパネルは、表面はガラスで覆われていますが
 内部の発電部分はシリコン(半導体)でできています。

 そして、シリコンは【温度が上がると機能が低下】していく特性を持っています。
 この特性のため、ソーラーパネル表面の温度が高くなっていくと
 太陽光発電の発電効率が低下して発電量は少なくなってしまいます。
******************************************************************************


■ソーラーパネルのカタログ性能は25度時のデータ
******************************************************************************
 ソーラーパネルの性能をカタログ等に記載する場合
 【温度が25度であることを条件】に計測された発電量で表示されています。
 これは業界統一のルールで決まっています。

 しかし、日本には四季があり季節で気温や日照時間が変動しますので
 一年中カタログに表示されている性能どおりに発電量を保つことは難しいのです。
******************************************************************************

これのせいか・・・(´・ω・`)

メーカー選定する時に、熱に強いパネルを選んでおけばよかったわ(´・ω・`)

最終更新日 : 2019-08-04

Comments







非公開コメント