Top Page › ▼日記・マイホーム系 › マイホーム-同居 › 母親のガンが「希少ガン(肉腫)」だった。。。

2022 · 09 · 22 (Thu) 21:33

母親のガンが「希少ガン(肉腫)」だった。。。

市民病院で7月頃に母親のガン手術は
無事に摘出出来て一安心だった。

しかし、その後「希少ガン(肉腫)」が見付かり
市民病院では、対応できないという事で
大きな病院で治療を受ける事になった。

その大きな病院は、ガン専門的な病院なので安心してた
「キイトルーダ」という新しい薬が有って
それで効果が出て来るんじゃないか?ということで
かなり希望を持っていた。

手術した後に一度母親に逢ったが
思った以上に元気そうで嬉しかった。
息子の誕生日の日にも
笑顔でVサインの写真も送ってきてくれるし
副作用もあるのに。。。頑張ってるんだなって

そして、きっと薬が効いて
また元気になる日がくなるんじゃないかと・・・

しかし、ガン細胞は大きくなる一方で
昨日、放射線治療でガン細胞を
小さくするために入院する事になった。

放射線治療は、放射線を浴びるから
退院後でも放射線が残ってて、子供達に逢えないとの事。

折角、見えてて来た光が。。。失って辛い。。が
俺よりも実家で頑張ってくれてる
妹に申し訳ないと思ってて、なにかあれば連絡ちょうだいとは
言ってるんだけど・・・特に連絡が来ないから気になってる。
無理して体を壊す前には、連絡欲しいな。

医療は日進月歩だけど、まだガンには人類は勝てない。。。
早く良い治療法が見つかる事を祈るばかりです。

ガンって本当に厄介だ。





↑ブログランキングに参加してるので、ポチお願いします(/・ω・)/★

最終更新日 : 2022-09-22

Comments







非公開コメント